BIZMATES PRESS

ビズメイツプレス

Corp

Bizmates Press 創業記念号 vol.1

Bizmates Press 創業記念号 vol.1

今回のインタビュー

鈴木 伸明  代表取締役社長 

プロフィール

2000年、青山学院大学経済学部を卒業後、金融事業会社を経て、2007年ヤフー株式会社に入社。モバイル事業部、R&D統括本部にてKPI分析、事業計画策定などに従事。2009年ベルリッツ・ジャパン株式会社に入社し、社長室アシスタント・マネージャーとして経営企画業務全般を担当。

その後同社のWEBマーケティングおよび法人マーケティングの推進リーダーを歴任し、2012年6月、同社を退社。同年7月にビズメイツ株式会社を設立、代表取締役に就任。

我々は「テックソリューションカンパニー」を目指す

ビズメイツは今後、テクノロジーを駆使し、イノベーションを生み出す「テックソリューションカンパニー」を目指します。我々が目指す理由、そしてテクノロジーを活用したビズメイツの進化について伺いました。

ー鈴木さんは今まで、そしてこれからのビズメイツの進化をどのようにお考えですか?

サービス品質については、「ビジネスに必要な5つの素養を高める」というコンセプト自体が、創業当初から他社とは一線を画していたし、講師や教材についても最初から業界トップ水準のものをつくり上げ、スタートさせることができたと思っている。

一方でテクノロジーの観点でいうと、当初はベトナムのオフショア開発を活用し、限られた投資予算の中で、サービス提供していくうえで最低限の機能を搭載したシステムからスタートした。今はITチー ムを内製化でき、開発スピードも当時と比べて大幅に上がっているわけだけど、今後はいかに「テクノロジーサイドを起点とし、新し いサービスを生み出していけるか?」が成長のキーになると考えている。

ーなぜ、今後テクノロジーが重要になるのでしょうか?

ビズメイツは、サービスとしても、社内組織としても、人と人とのコミュニケーションから生まれる価値を大切にしていきたいと思っている。「人だからこそ」提供できる価値は、今後も無くなることはないし、これからも重要であることに変わりはない。ただ「進化するテクノロジーをどう有効活用し、人に依存することのない不変の価値を提供していけるか?」にどれだけ取り組めるかが、今後の成長の明暗を分けることになっていくはず。

人とテクノロジーの良い部分が両側両面で揃っていて、その二つが融合したサービスを創り上げ、どんどん進化させていきたい。今まで人が担っていた部分に対しテクノロジーを活用することで、より公平な判断ができたり、数値化できるようになれば、サービスの品質をあげていくことができるそして「どういうテクノロジーを活用すれば、実現できるのか?」についてはテクノロジーサイドの発想で取り組むべき課題となってくる。「こういうテクノロジーを活用して、こういうサービスを実現させましょう」といったアプローチでイノベーションを起こせる会社に変貌していきたい。

ーどのようなステップでテックカンパニーへ変革しようしているのでしょうか?

これはITグループだけで実現していくことではなく、ビジネスサイドももっとテクノロジーに対する知見や見識を広げ、ビジネスサイドとテクノロジーサイドが両輪となって進めていく必要があると思っている。一方で、今までにないものを生み出していくには研究開発(R&D)も必要になる。そのためにも、そうした人材の採用もますます拡大していきたい。

BP0_1.png

組織と個人の「成長」が不可欠な理由

これまで年々成長し続けているビズメイツ。組織が成長し続けるためには個人の成長が不可欠と語る鈴木さん。今のビズメイツで求められる個人の成長とは何なのか? そして鈴木さんにとって成長とは何か?を伺いました。

-組織も大きくなりましたが、会社が成長するうえで今大事なことは何ですか?

社員それぞれが成長すれば、それが会社の成長につながる。また会社が成長すれば必要な役割、ポジションが増え、その機会を通じて社員の成長につながる。社員にはそのチャンスを自らどんどん掴み取ってほしいし、その成長のサイクルがうまく回る状態をつくっていくことが大事だと思っている。

社員・リーダークラスの方がどんどん成長し、次々とマネージャーや専門職ポジションに育っていく組織にしていきたい。マネージャーになると経営幹部の一員になるわけだけど、上層部の考えを理解したうえで部下に指針を示し、チームとして結果をだすことが求められるようになる。自身の目線が対会社ではなく、会社側からの目線にならなければならない。そんな人材を一人でも増やしていくことが、会社の成長にとって重要なことだと思っている。

-個人が会社全体の方向性について視野を広げ、自分自身がどう動くかを考えることが重要になるんですね。

ビジョン・ミッションの実現に向けて、一体となって動けている組織は強い。皆それぞれが、別々の方向に向かって頑張っていても、会社としてはせっかくの馬力あるエンジンを吹かしている状態になってしまう。

自分よがりの頑張りになってはいけないよね。そうならないためにも、積極的に上司や同僚とコミュニケーションをとることが大事になってくる。

ディレクター以上のポジションになると、私と社員、経営と現場をつなぐ接点の役割にもなってくるわけで、私がなぜそのような意思決定をしたのか、その背景まで理解したうえで、その意図を正しくメンバーに伝える必要が出てくる。

数年前だとワンフロアで、自分の目の前に全社員が座っていたので空気感とかで自然と伝わる部分があったかもしれないけれど、お陰様で今は社長室という閉ざされた空間で仕事させてもらっている(笑)。社員全員とコミュニケーションする機会は減ってディレクターにとっては成長する機会が増えたことになる。

-会社全体で同じ方向を向いて成長していく事が大事だということですね。鈴木さん自身は「成長する」ことに対してどのような心がけをされてるのですか?

人は成長するために生きている、くらいにまで思っているので、特別な心がけというものはないかな(笑)。チャレンジ精神をもって、日々成長することを意識して行動していると、それが自然と積み上がり、ふと過去を振り返ると大きな成長を実感できるようになっているんだと思う。これは英会話も一緒だね。成長して新しいステージに上がると、そこでしか見えない景色を見ることができたり、新しい出会いがあったりする。自分はそれがとにかく楽しいので、どんどん新しいステージに上がっていきたいし、それが人生を充実させることに繋がるとも考えている。

BP0_2.png

これからのビズメイツでの「働き方」を目指す

コロナにより働き方に大きな変化があった2020年。これからますます個人の成長が求められる中、個人が成長するために求められる働き方とは。鈴木さんが大事にされている考えやビズメイツが目指すこれからの働き方についてお話を伺いしました。

BP0_6small.jpg

-コロナ禍で在宅勤務を余儀なくされていますが?

在宅勤務を経験したことのある社長って少ないと思うんだけど、自分は創業してから約2年間ほぼ在宅勤務だった ので、在宅ワークがどんな働き方なのかは理解しているつもり。

当時、法人顧客からの電話は自分の携帯に転送していたんだけど、まだ子供が2歳だったから、「ビズメイツに電話したら社長が出て、後ろで子供が騒いでいた」みたいな口コミが出回ることがないよう、電話が鳴ったら家の外に出て、「すみません、今外出先で・・・」みたいな感じで電話応対してた。今は在宅ワークが許容されるようになっているので、そんな言い訳もいらないから、そういう意味では在宅勤務をしやすくなったよね(笑)。

ただ、そんな経験がありつつも、目指すべき会社のカルチャーとしては、オフィスで働くことを大切にしたいと思っている。作業を集中してやるという意味では在宅の方が良い面はあるのだけど、先ほど伝えたように、自ら成長のチャンスを掴み取りにいくには、在宅で作業に集中しているだけではダメ。いかにコンフォートゾーンから抜け出してストレッチゾーンに飛び込むかが成長するために必要不可欠で、そのためにも社内の色んな人と 積極的に関わりを持ってコミュニケーションしていってほしい。情報を掴みにいくこともそうだし、お互いの信頼関係を築くことも大切。今後社員もますます増えていく中で、オンラインじゃ伝わりにくい点や時間効率のことも考えると「やっぱりオフィスで働くべきだよね」ということになってくる。

-ビズメイツが会社に来て働くという事を大事にしている理由はなんですか?

自分自身のビジネス人生の中で、同じ空間にいるからこそ得られる「熱量」や「刺激」が、新しい気づきを生み出したり、成長のきっかけになっていたことを凄く実感している。そしてそれは、会社全体が同じ方向を向いていくためにも大切なことだと思っている。

-鈴木さんが、社内で熱量が高まっているなと感じているときはどんな時ですか?

経験上、「より良いサービスにしていくためには?」、「売上目標を達成するためには?」と、皆が当事者意識をもって仕事に取り組んでいると、必ずいいアイデアが生まれてくる。しかも色んな人が同じ空間にいるからこそ、斬新なアイデアが生まれてくるわけ。上司や先輩社員の意見が自分に影響を与えることもあるだろうし、新入社員が素晴らしい意見を伝え、先輩社員が突き上げられるようなこともあると思う。

新入社員には、間違っているかもしれない意見もどんどん先輩社員にぶつけていってほしい。もし先輩社員が納得できるような説明ができなければ、会社が向かっている方向性や考え方について上司にどんどん聞いてほしい。そうすることで、上司も会社が向かっている方向性や考え方についてより理解が深まることになる。

-同じ空間でお互いの熱量を感じて、高めあっていけるような働き方をめざしているんですね。

それぞれが持ってる熱量やパッションを同じ空間で共有することで、その空間に何倍何十倍もの熱量が生みださ れることになる。同じビジョン・ミッションを実現したいという想いがある人たちが集まれば、そこからまた新たなパッションが生まれ、新しく入ってきた人も自然とそれに巻き込まれ、それがカルチャーになってくる。第二創業期とも言える当社はもう創業者が引っ張っていくフェーズではない。ぜひそんなカルチャーを築き上げていってほしい。

BP0_3.png

2022年に向けてのビズメイツ


-今後も採用に力をいれていくと思いますが、今後採用したい人物はどのような人でしょうか?

ビジョン・ミッションに共感してくれる人。5つの行動指針を体現している人。成長に対して貪欲な人。それらのベースがあった上で、会社が成長し続けるために必要な多様性(ダイバーシティ)も重要。

それは単に国籍とか性別とかではなく、色んな個性・価値観・嗜好をもっている人が集まるからこそ、新しいものが生み出せる良い会社になっていくと思うから。

-2022年へ向けての想いを教えてください。

これまでも着実に成長基盤を整えてきているので、この強固な基盤の上でどんどん成長し続けられる状態にあると思う。だけど、それが最大、最速で成長している状態なのか?を考えたときに、まだまだやるべきことが沢山ある。

そういう意味で終わりはないし、限界もないので、いかにそれを突き詰めてやり続けられるか。ミッション、ビジョンの実現に向けて、やり続けるのみ。

-最後に、社員のみなさまにメッセージをお願いします。

皆それぞれが与えられた責任、役割の中で、どんどん新しいイノベーティブな思考で取り組んでもらいたい。それぞれが当事者意識を持ち、改善に取り組んだり、新しいものを生み出していかなければ、会社の成長はない。

バリューにもあるけど、チャレンジをし続けてほしいと思う。もし失敗したら、と考えるのではなく、むしろ失敗できる機会が与えられている、くらいの気持ちで取り組んでほしい。

当社のビジョン「グローバルタレントと企業の成長支援を担うテックソリューションカンパニー」の「グローバルタレント」の中には当社の社員も含まれていると思っている。

会社はどんどん成長しているので、任せられるポジションや仕事はたくさんある。ビズメイツには皆が成長して開花できるステージはあるということ。それを自分で掴みに行くという情熱を持ってどんどん前に出てきてほしい。そんな社員が自然と集まってくる会社にしていきたい。

BP0_5small.jpg

CONTACT

お問い合わせ

広報・取材に関するお問い合わせ・お申込みはこちらから