JUST BEING
HERE MAKES ME
HAPPY.
IT'S THAT KIND
OF PLACE.

HELP BUILD UPON BIZMATES’
UNSHAKABLE FOUNDATIONS

HELP BUILD
UPON BIZMATES’
UNSHAKABLE
FOUNDATIONS

ビズメイツの“揺るぎない基盤“を築き上げていきたい

ITグループリーダー 伊藤 拓
現在の仕事内容について教えてください。 WHAT DO YOU DO AT BIZMATES?

BizmatesやG Talent、Zipanなど、ビズメイツが提供しているサービス全体のインフラ構築やシステム管理、根幹となる部分のメンテナンスを包括的に担当しています。一般にIT分野では、お客様に提供するプログラムを書くエンジニアがマジョリティを占めていますが、私の仕事は、彼らが作ったものを滞りなく稼働させ続けるためのインフラストラクチャの整備を行い、お客様にとって信頼性の高いサービスを提供することです。お客様からは見えない部分ですが、それなくしてはどのようなサービスも提供できないので、地味ながらも非常に大事な役割を担っていると自負しています。

ビズメイツに入社を決めた理由ついて教えてください。 WHY DID YOU JOIN BIZMATES?

転職活動を始めて、さまざまな転職サイトを見ていた時、偶然ビズメイツを見つけました。チームを1から築き上げていくといいますか、まだ出来上がっていない状態から盤石な体制を作っていきたいという想いが自分の中にあり、如何様にも発展し得る可能性を秘めたビズメイツのITグループはまさに求めていた場所でした。Bizmatesという揺るぎないブランドを起点に、G TalentやZipanといった新しい事業を展開し、さらなる発展を期するであろうエキサイティングな時期に入社できて良かったと思っています。

仕事のやりがいを教えてください。 WHAT DRIVES YOU AT WORK?

縁の下の力持ちとして、会社のあらゆるシステムやサービスが常に安定して稼働するために力を尽くせること、大きなトラブルに見舞われない状況を維持できていることに関しては、非常にやりがいを感じます。万が一、不具合が起きてしまうと、サービスを利用してくださっている多くのお客様に支障をきたしてしまうのはもちろん、会社にとっては、利益損失を被る事態にも陥りかねません。そういったことが起こることなく、毎日平穏無事にサービスを提供し続けることができている。やはりそれが、一番の活力であり励みになっていますね。

今後やってみたいことや取り組んでみたいことについて教えてください。 WHAT DO YOU SEE YOURSELF DOING IN THE FUTURE?

当社のサービスをお客様に安心して使っていただける状況をさらにブラッシュアップしていくこと、テクノロジーが絶え間なく進歩を遂げる中、新しい技術を適宜取り入れて、より良い環境を作っていくこと。これらについては、今後も継続して取り組んでいきたいと思っています。またITグループのリーダーとしては、より良いサービスを迅速なサイクルでお客様に提供できるよう、自身を含むグループメンバーの生産性や効率性の向上を目指して尽力していきたいですね。

ビズメイツに入社を希望する方へのメッセージをお願いします。 DO YOU HAVE A MESSAGE FOR YOUR FUTURE STAFF?

ビズメイツには各自が裁量をもって働ける環境が備わっています。一人ひとりの社員に対して“責任の中にある自由”が与えられていますし、とりわけITチームに関しては任されている部分が多いです。それゆえ、自分がやりたいことや新しくチャレンジしてみたいことに対して、否定的な意見は出ないといいますか、逆に「いいんじゃない!」と一緒に働く仲間たちは後押ししてくれます。自分が担う業務に対して責任を持ちながら、サービスの改善や向上、あるいは、新しいことに取り組みたいと思っている人には、ぴったりの会社だと思います。そんな意欲やチャレンジにあふれる方をお待ちしています!

STAFF INTERVIEW

社員インタビュー
  • 管理グループ人事リーダー
    本間 瞳
  • 営業グループ
    服部 友希
  • コンサルティンググループ
    コンサルタント
    陳 玟臻
  • ITグループリーダー
    伊藤 拓
  • 商品開発グループ
    プロダクトスペシャリスト
    ジャスティン・ボウマン・ホー
ENTRY
Bizmates, INC.
VORT AKIHABARA MAXIM, 1-7-9, KANDASUDACHO,
CHIYODA-KU, TOKYO, 101-0041
ENTRY