PRESS RELEASE

【英語学習の挫折に関する実態調査】
英語学習経験のある社会人、約9割が「挫折したことがある」と回答。
挫折までの期間「3ヵ月以内」が約8割の事実。
~「モチベーションの低下」や「自己管理」が課題に~

23
June. 2021
ビジネス特化型オンライン英会話事業「Bizmates(ビズメイツ)」を展開するビズメイツ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 伸明 、以下「当社」)は、社会人になってから英語を学習した経験がある会社員111名を対象に、「英語学習の挫折」に関する実態調査を実施しました。
■調査概要
調査概要:「英語学習の挫折」に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年5月26日〜同年5月27日
有効回答:社会人になってから英語を学習した経験がある会社員111名
■英語学習の課題、「学習を継続すること」が60.4%で最多
 「Q1.英語学習において、あなたが課題として感じたことを教えてください。(複数回答)」(n=111)と質問したところ、「学習を継続すること」が60.4%、「自分の英語力において、どのような学習方法が最適かわからなかった」が48.6%、「学習時間の捻出」が45.0%という回答となりました。
■英語学習で、最も時間を使っているのは「リスニング」が31.5%
 「Q2.英語学習において、最も時間を使った内容を教えてください。」(n=111)と質問したところ、「リスニング」が31.5%、「スピーキング」が25.2%という回答となりました。
■英語学習における挫折経験:87.4%が「ある」と回答
 「Q3.あなたは、英語学習の継続について、自ら定めた目標を達成する前に挫折した経験がありますか。」(n=111)と質問したところ、「何度もある」が67.6%、「1、2回ある」が19.8%という回答となりました。
■英語学習を始めてから挫折するまでの期間、「3ヶ月以内」が約8割
 Q3で「何度もある」「1、2回ある」と回答した方に、「Q4.英語学習を開始してから初めて挫折するまでの期間を教えてください」(n=97)と質問したところ、「3ヶ月以内」が81.4%という回答となりました。
■挫折理由、「モチベーションの低下」が62.9%で最多
Q3で「何度もある」「1、2回ある」と回答した方に、「Q5.あなたの挫折理由を教えてください。(複数回答)」(n=97)と質問したところ、「モチベーションの低下」が62.9%、「継続するための自己管理ができなかった」が51.5%、「英語の上達を感じることができなかった」が39.2%という回答となりました。
■「やってて意味が無いような気がしてくる」や「発音がどうしてもうまくならない」などの挫折理由も

Q3で「何度もある」「1、2回ある」と回答した方に、「Q6.Q4で回答した以外に、挫折理由があれば自由に教えてください。(自由回答)」(n=97)と質問したところ、「やってて意味が無いような気がしてくる。」や「発音がどうしてもうまくならない。」など40の回答を得ることができました。 <自由回答・一部抜粋> 
・39歳:やってて意味が無いような気がしてくる。
・58歳:自分の力量では恥ずかしさを感じて、引っ込みがちになってしまった。
・27歳:自分は他の人たちと比べて英語の学びが悪いと思ったから。
・60歳:発音がどうしてもうまくならない。
・56歳:期間が開くとやらなくなってしまう。
・53歳:仕事との両立が難しかった。
・72歳:隙間時間以外に学習時間を確保しにくい。
■72.1%が「専任のコンサルタントが英語学習を管理してくれれば継続できた」と回答
「Q7.英語学習において、もし専任のコンサルタントがあなたの英語力にあった学習プランの作成および進捗チェックを行うといったことができていたら、英語学習を継続できたと思いますか。」(n=111)と質問したところ、「とても思う」が21.6%、「やや思う」が50.5%という回答となりました。


■66.7%が「英語学習のコミュニティがあれば、英語学習を続けられた」と回答
「Q8.英語学習において、もし自分と近い目標やレベルの仲間たちと切磋琢磨できるコミュニティがあれば、英語学習を継続できたと思いますか。」(n=111)と質問したところ、「とても思う」が22.5%、「やや思う」が44.2%という回答となりました。


■まとめ

今回、社会人になり英語学習経験がある会社員を対象に、英語学習の挫折に関する実態調査を実施しました。
まず、英語学習において課題に感じたこととしては、「学習を継続すること」が60.4%で最多。
次に「自分の英語力において、どのような学習方法が最適かわからなかった」が48.6%の結果に。この二つには因果関係があると考えられ、学習方法につまずいた結果、継続できなくなったことも推測できます。また、最も時間を使った英語学習の項目としては、「リスニング」が31.5%の結果になりました。次に、英語学習における挫折経験について聞いてみると、87.4%が「ある」と回答。英語学習を始めてから挫折するまでの期間については、約8割が「3ヶ月以内」ということがわかりました。理由については「モチベーションの低下」が62.9%で最多。他にも、「やってて意味が無いような気がしてくる」や「発音がどうしてもうまくならない」等の理由もあり、英語学習の継続はなかなかハードルが高いことが明らかになりました。
そこで、「英語学習において、もし専任のコンサルタントがあなたの英語力にあった学習プランの作成および進捗チェックを行うといったことができていたら、英語学習を継続できたと思いますか。」と質問をしたところ、72.1%が「そう思う」という回答。同様に、「英語学習において、もし自分と近い目標やレベルの仲間たちと切磋琢磨できるコミュニティがあれば、英語学習を継続できたと思いますか。」と質問したところ、66.7%が「そう思う」と回答しています。  今年こそはと取り組む意欲をお持ちであれば、英語コーチングサービスなどをうまく活用することで、学習を継続し、英語習得を実現できるかもしれません。

■日本人専任コンサルタントがあなただけの最適な英語学習プランをご提案<Bizmates Coaching>

「自分に合った最適な学習方法がわからない」「上達を感じることができない」「スピーキングの機会が少ない」。これらの理由により英語学習を継続することができないビジネスパーソンは少なくありません。 ビジネス特化型オンライン英会話Bizmatesのコーチングサービス<Bizmates Coaching>では、これらの課題を解決するべく、専任の日本人学習コンサルタントが受講生の英会話レベルや課題に合わせ、最適な学習ロードマップを作成し課題解決へ向けて伴走します。また、受講生同士が、学習の悩みや有益な情報を共有できるコミュニティも提供。毎日のBizmatesオンラインレッスンに加えてご利用いただくことによりレッスンの学習効果を最大化し、モチベーションを高めながら継続学習へと繋げることができます。
Bizmates Coaching:https://www.bizmates.jp/coaching/index.html

グローバルタレント・企業の成長支援カンパニー「ビズメイツ」とは
ビジネス特化型のオンライン英会話学習サービス「Bizmates」、グローバルITタレントを日本企業に紹介するサービス「G Talent」、外国人ITエンジニア専門ダイレクトリクルーティングプラットフォーム「GitTap」、そして外国人向けオンライン日本語修得サービス「Zipan」の提供を通して、日本と海外双方のグローバルタレント、および日本企業の成長を支援しています。
会社概要
会社名:ビズメイツ株式会社(英名: Bizmates, Inc.)
設立:2012年7月3日
代表取締役社長:鈴木 伸明
所在地:東京都千代田区神田須田町1-7-9 VORT秋葉原maxim10F
  
事業内容:
・ビジネス特化型オンライン英会話サービス「Bizmates」の運営・外国人向けオンライン日本語修得サービス「Zipan」の運営・グローバルITタレントを日本企業に紹介するサービス「G Talent」の運営・外国人ITエンジニア専門ダイレクトリクルーティングプラットフォーム「GitTap」の運営
取材に関するお問い合わせ
ビズメイツ株式会社 広報担当: 姜(きょう)
TEL:03-3526-2640
Email:biz_pr@bizmates.jp
URL:https://www.bizmates.co.jp/